HUBTEX社のご紹介 | HUBTEX

HUBTEX社の歴史

HUBTEX(フブテックス)社は、産業車両製造メーカーとして、1981年にドイツ中部の街フルダに設立されました。

当初は、布地や織物等の繊維製品を運搬する車両の製造に特化しておりましたが、その後マーケットの需要に合わせて、木材やアルミ材等の長尺物運搬車両(1990年~)、ガラス搬送車(2000年~)、ケーブルドラム、コイル、鋼材等の重量物特殊運搬車両(2009年~)を展開し、あらゆる産業分野への参入と顧客獲得に成功しました。

2010年には航空産業用運搬車両、また、2014年には放射性産業廃棄物運搬車両の製造・販売もスタートし、今日も積極的な技術革新を続けております。

サービス拠点

1990年、アメリカ及びヨーロッパに子会社を設立以降、世界60ヶ国の代理店にて営業活動を展開し、現在HUBTEX社工場で製造されたトラックの7割はドイツ国外に輸出しております。

受注量の増加に伴い、2000年より自社工場の拡張を推進。材料加工用レーザー及びガスカッター、プレート曲げ機などを順次導入し、自社にて部材から加工を手掛けることで、安定した製造能力及び品質管理の向上に努めて参りました。(2019年現在工場面積=16,200㎡)

2019年3月中旬に新設されたばかりのHUBTEXカスタマーセンターにおいては、最新の製品動向や技術の紹介など、情報発信の中枢を担うだけでなく、実務者向け各種トレーニングプログラムの提供も始めており、お客様が安心して運用できる環境づくりに取り組んでおります。

製品カテゴリー

  • 長尺物
  • 航空貨物
  • 木材
  • ケーブルドラム

Top of Page